飲めなくても…

飲めなくても…

マイナビニュースに「飲めない人あるある」という記事がありました。

全く飲めないわけではないけれど、飲めない人にとって飲み会は辛いものです。

私の場合は、飲めなくて食べられるし、合コン以外なら好きです。

マイナビニュース会員にアンケートをしたところ、3割くらいの方が飲めないと答えています。

私の周りはお酒に強い人ばかりなので、飲めないと答える人がこんなにいるとはビックリです。

社会人になって組織に入ると、逃げられないのが忘年会・新年会・納涼会などのほぼ強制飲み会です。

あとは、仕事の延長と称して飲みに誘われることも多いでしょう。

飲めない人にとっては、苦痛以外の何ものでもありません。

そんな飲めない人のあるあるとは?

・質問攻め

なぜ飲めないのかを質問攻めにされるというものです。

ありますね~。

特に、初めて飲む相手には絶対に聞かれます。

なぜ飲めないのかを知りたいものです(笑)。

・とりあえずビールは×

はい、正に私はそうです。

お酒の中でもビールとワインだけは飲めません。

だから、とりあえずモスコミュールです(ξ^∇^ξ)

いきなり日本酒の時もあります。

「いきなり?」と言われますが、最初の1杯で2時間くらいは持つから便利です。

日本酒が少しでも飲めるなら、飲めない人にオススメ出来ます。

チェイサーをもらってお水を多めで飲んでいればいいですし、日本酒は薄まる事もないし、“飲んでいるように見える”唯一のお酒です。

・まだ〆じゃないです

おにぎりを頼むという女性の意見でした。

私個人の意見としては、これはナシだと思います。

飲み会なのですから、いくら飲めなくても雰囲気に合わせるべきです。

飲み屋では基本的にご飯ものは〆ですから、盛り上がっている最中にご飯ものを食べるのはタブーです。

ご飯として食べたいのなら、飲み会に参加するべきではありません。

飲めないからといって我が道を行く人は、単なる空気の読めない人です。

・飲み会代が高い

損した気持ちになるようですが、飲まない分ガッツリ食べましょう!

社会人の飲み会は、学生時代の飲み会とは違います。

そこそこの料理を提供するお店に行きますから、遠慮せずに食べるべきです。

飲みたい人はあまり料理に手を出さないので、料理で元を取りましょう。

卑しい私は常にそうしてきました。

・その場にいるだけで楽しい

私はこのタイプです。

仕事上の付き合いだと面倒なこともありますが、大抵は気持ち良く飲めます。

食べたいものを食べたいので、率先して幹事を務めることもありました。

飲めない人でも人それぞれですね!

人生はたった1回だけ。

どうせなら楽しまなきゃ損です。

飲めないなら飲めないなりに、飲み会を楽しむ方法を見出すのも楽しいものですよ!

携帯電話の料金請求

先月の携帯電話の使用料は、なになに…… うん、3000円。少々使いすぎました。いつもより料金が倍近いです。こちらから電話をかけなくてはいけない用事がいくつかありましたからね、仕方ありません。

おそらく「3000円! 安い!」と思われた方が多いことでしょう。いや、ほとんどの人がそう思ったはずです。しかし私の普段の携帯電話利用料金は1500~1600円。3000円は十分高いのです。

私から言わせてもらえば、他の人が携帯電話料金が高すぎるのです。私のまわりにも、月1万円超えは珍しくありません。一番多かったのは、スマートフォン利用者で、月8000円位という人でした。

私の携帯はドコモのFOMA。スマートフォンを手にしたい気持ちは興味から多少はありますが(見た目がかっこいいので)、使用料金が大幅に増すことを考えると、その気持ちは一掃してしまいます。料金が5倍になるのは頂けません。

こんなことを逐一気にしていると、非常に貧乏性と思われてしまうことでしょう。確かにそれはあります。認めます。私は貧乏性です。ただ、払えないという訳ではありません。携帯電話料金が月何万だろうが、必要に思っていれば払います。ただ、必要に思っていないから払いたくないのです。

出先で携帯電話のネット環境を利用して何でもかんでもすぐ情報を仕入れることができますよね。美味しいお店を検索したり、行きたい場所を探したり、会話で気になったことをすぐにその場で調べだしたり。また、ゲームをやったり、カメラ機能を使ったり…… これら全ての便利機能は私にとって全て不要なのです。

お店なんてのは、ふらっと入ったところで食事すればいいんです。道に迷ったらその辺の人にでも聞けばよいのです。もしくはコンビニで地図でも見ます。調べ物? そんなもの家に帰ってからしなさい(笑) ゲームにカメラ機能など、1度も使ったことありません。

こんな私の携帯電話使用状況を踏まえると、月に払える金額は1500~1600円が打倒なのです。

上記のような使用をしている人であれば、それは料金がかさんで当然でしょう。それなの「僕は携帯料金が高い、君は安くていいなぁ」などと口を漏らすのは勘違いもいいところ。安くしたいなら使わなければいいんですよ。

ちなみに電話は受けが多いので、滅多にこちらからはかけません。かけるときも家の電話を使うことが多いです。込み入った話となる場合、家電のほうが集中できるんですよね。